佐倉市王子台 京成臼井駅から徒歩10分。健康と美容を向上し毎日の生活の質を高める整骨院

いしやま院長のブログ

2019年07月29日

夏バテの原因は自律神経の疲労

気温も湿度も上がり、本格的な夏の気候になってきました。

猛烈な夏日が続くと、倦怠感や食欲不振、頭痛やめまい、慢性症状の悪化などの「夏バテ症状」が出る場合があります。

夏ばての大きな原因は、以下のような状況による自律神経の疲労が考えられます。

 

・エアコンの冷気

・室内と屋外の温度差

・紫外線による酸化ダメージ

・発汗などによる脱水状態

・運動不足

・睡眠の質の低下

・冷たい飲料の多飲

 

これらの状況を無理なく解消することで、効率よく夏バテを予防する事ができます。

 

・エアコンの温度管理(冷やしすぎない)

・紫外線予防(帽子やサングラスを使う)

・脱水の予防(早めの水分・ミネラルの補給)

・胃腸に負担をかけない食事

・室内で可能な軽い運動(体操やストレッチ)

・シャワーでけでなく湯船に入り体を温める。

 

高温多湿の状況はこれからしばらく続きます、引き続き最大限の熱中症、夏バテ、脱水対策をお願いいたします。