佐倉市王子台 京成臼井駅から徒歩10分。健康と美容を向上し毎日の生活の質を高める整骨院

いしやま院長のブログ

2018年07月24日

熱中症予防のための水分補給

都心でも40度を超える記録的な猛暑となっています。
命の危険もある熱中症。患者数はすでに過去最高になっており、今後も増加傾向にあります。
熱中症予防の基本は水分と塩分の補給です。

● 推奨される補給法

1. 水または麦茶と塩タブレット
2. スポーツ飲料(ハイポトニック飲料がより良い)
※スポーツ飲料はその浸透圧の違いにより2種類あります。

1. アイソトニック飲料

安静時の吸収が早い。高エネルギーのため長時間の運動に向いている(商品名:ポカリスエット、アクエリアス、ビタミンウォーター、グリーンダ・カ・ラ など)

2. ハイポトニック飲料

運動による発汗時、脱水時の吸収が早い。低糖質、低カロリー。経口補水液。(商品名:アクエリアスゼロ、ポカリスエットイオンウォーター、スーパーH2O、OS-1など)

● 水分補給にむかないもの

1. ビールなどのアルコール
2. お茶、紅茶、コーヒー(利尿作用があるため)
3. 味が濃い飲み物

のどの渇きを感じた時点ですでに体は脱水状態です。
時間を決めて定期的に水分、塩分を補給してください。